もし意味が判らない時は、ここをクリックしてください。原文が出てきます。
間違いがあれば、メールで連絡してください。

Sailabilityの権利と責任

Sailabilityの権利

Sailabilityには。次のような権利があります:

ボランティアを断ること

彼らが適切に役目に就かないときに、断ることが出来ます。
ボランティアが肉体的あるいは心理的に不適当であると見なされる時、断ることが出来ます。

ボランティアの地位の剥奪

もし彼らの振る舞いが容認できないなり、組織の評判にダメージを与えれば、Sailabilityは、ボランティアを去らせる権利があります。

ボランティアが、常に考えていなくてはならないのは、

ボランティアは、個人の利益の為ではなく、組織の利益を優先して行動するべきなのです。

ボランティアが方針との一致を持っていること

ボランティアは、組織と一致していなくてはなりません。すなわち、その哲学、最終目標、および目的、政策、およびプログラムについて。

Sailabilityの責任

Sailabilityは、そのボランティアへの以下の責任を持っています:

ボランティアと事業に就いて、その理念を積極的に示していくことです。

ボランティアにかかわる方針や進行について、各支部に正確に伝えられなくてはなりませんし、それにかかわる全ての人に伝えられなくてなりません。

職務記述書を提供すること

それぞれのボランティアが何をすべきか、あるいは、何をしないかを知っているようにする(べき)。理想的に、これは書面の形を取れば良いのですが。

記述が含むべき職務

オリエンテーション、およびトレーニング

ボランティアに必要な訓練は、セイラビリティがその人に要求する役割によっては変わるでしょう。
訓練が公式されるのか、非公式に仲間内で行うのか、どちらでも良いのですが、それを続けると、ボランティアの技能を改良します。
その人自身を成長させ、活動でより重要な役割を果たせるようになります。

ボランティアに計画の変更、あるいは彼らに影響のあることについては伝えなくなくてはならない。

ボランティアは、彼らの役目に関係あ事に就いては相談されなくてはならないし、決定されるまでに自分の意見を述べる事ができます。

連続的な評価、

ボランティアは、彼(それ)らの仕事を委員会によって定期的に評価させて建設的なフィードバックを受け取る必要があります。

秘密性

ボランティアの個人的な記録や個人の過去に就いては、その秘密は守られなければなりません。、例えば麻薬中毒、犯罪の記録、心の病気です。

サポート

Sailabilityは、ボランティアに進行中のサポートを与えるべきです。

ボランティアのための保険

Sailabilityに関わるそれぞれのボランティアは、起きた事故に対して総合保険が与えられます。そのすべてのボランティアは、“VolunteerアプリケーションForm”に登録され、そして、サイン登録書(VRF により毎週の出席を、示すことが条件です。

マニュアル案内