アクセスデンギーブラインドセーリングマヌアル

セイリング・ブラインド
盲目とはドウ言うことなのかを想像するのには、眼を固く閉じて毎日する事を思い浮かべてみる。そしてもし眼が見えなかったらそれをどの様にやるかを考えてみよう。
どうやってカップに水を入れるのか、時刻をみたりゲームをしたりするのか。
盲目の人は感覚を使うと言うことを思い出してみよう。
触れたり、匂いを嗅いだり、耳で聞いたりするのだ。 生まれつき眼の見えない人は、彼らの回りの世界がどのような物か想像もつかない。
多くの人は後になって視力を失ったので、かつて見たものを覚えている。全く盲目で見えない人もいるが、多くの人は少し見ることが出きる。
どの様にして手助けが出きるか ブラインドセーラーと歩く時
  • 助けが必要かを聞く
  • あなたの腕を取るように指示する。(右か左かを指定する)
  • 腕を差し延べるとブラインドセーラーは肘のすぐ上をつかむ。
  • あなたと盲人の前腕が一直線になるように、肘を曲げたままの状態で体につける。
  • これで貴方より盲人が少し後ろ気味で並ぶことになる。
  • 自然なスピードで歩く。
  • 貴方が曲がるとブラインドセーラーは腕を通してその動きを感じ取りそれにしたがって動く
  • 地面の主な変化については,全て知らせる
階段に近づいたら
  • 最初の地点で止まる。
  • 階段が、上がりか下りかを知らせる。
  • ブラインドセーラーを階段叉に導く。
  • 手すりがあったら彼の手をそこに置く。
  • 一段だけかまたは一続きなのかを知らせる(一段一段数えない)
  • . 階段の終わりに来たらそれを知らせる為に一端止まる。
ブラインドセーラーが盲導犬を使う場合は
犬の鎖を持って貴方の腕を取るか、犬の鎖をもって貴方の後をついてくるよう指示する。 犬の安全の為そして勿論ボートを安全に保つ為に、セーリング中は犬を陸に待たせるようにする。
盲人が杖を使う場合は
誘導されている間は、階段、ボート、椅子やその他の障害物(場所を確認したり叉は避ける為)を感じるために補助的に使う。
ブラインドセーラーに、椅子を探している時は,椅子の背に手を置いてあげれば自分で座る事ができる。
ブラインドセーラーが一人の時は近づく時、貴方が誰なのかを何時も知らせる。(私は、 誰でしょうのゲームはしない。)
必要な配慮
ブラインドセーラーを渡り板や、ボートのタラップに誘導する時は、デコボコや滑りやすい表面や渡り板、タラップの上又は下にある階段や割れ目に注意する。
筏やマリーナでの移動は、隙間があったり浮力の差や段差がある場合は、非常に危険である。その場合は誘導する人の腕をつかむ上に杖を使って段の様子を見極めると便利である。
先端に手すりのない桟橋やその他明らかに危険なものについてはあらかじめ説明をしておくべきである
視力でガイドを負っている視力の低いセーラーにとって、影は危険であることを覚えておこう。
視力障害の状態
  • 白内障 白内障を持った人は、目のレンズに曇りがある。
  • 糖尿病性網膜症 眼に損傷を受けた血管がある。
  • 暗斑変質 眼の中央に大きな斑点があるのでその回りしか見えない。
  • 分離網膜 眼の後ろの網膜が分離してしまい、ハッキリと見えない。
  • 緑内症 トンネルビジョンと呼ばれ、眼の中央では見えるがその回りでは見えない。
盲目 多くの人が盲目とは黒いと考えるがそうではない。盲目には様々な程度があり盲目と正当に呼ばれている人の多くは視力が少しある。形は見えるが細かいところは見えないこともある。

GO BACK TO HOME