アクセス・デンギーの二種類






これらの小さなボートでは、セーリングの喜びを味わうことができ、年齢や、障害のある無しにかかわらず、簡単に誰にでも、セーリングをマスターすることができます



アクセスディンギーは、非常に操作しやすい、および乗組員は低く座り、ボートは、驚くべき安定性を、実現しています。 セーラーは、ナイロン帯ひもで作られているゆったりとした椅子に前向きに座ります。
センターボードケースのリョウサイドには、足を投げ出すことができます。 ソケットに差し込まれたマストは、リーフドラムが取り付けられていますので、砂浜の上に乗り上げておく時には、簡単にセールを巻いて、おくことができます。



アクセス2.3キールボート

それは、20kgバラストつきセンターボードを持っていて、ジョイスティックで舵をとります。このジョイスティックでの、操作および20kgバラストつきセンターボードによる安定は、幅広い種類の障害をもつ人に、セーリングのスリル、および楽しみを、もたらすことを実現しました。オプションで、電気サーボ機構ドライブによる、舵の操作とシートの巻き上げ装置の取り付けが可能です。アクセスデンギーで誰にでの、簡単にセーリングを楽しむことができます。(非常に若い子供達から、その両親、そしておじいさんやおばあさんまでの高齢者にまで、)


アクセス303キールボート

このボートはアクセスデンギーの概念を元にしたセーリングをより真剣にしたい人達のために、新たに開発された3.03mの長さを持つボートです。 マストの高さも高く、より重いバラストを、持っていますしジブも加えられました。 設計のパラメーターは、小さな方の2.3アクセスと同じ、値を持っていますから、非常に安全でしかもセーリングも簡単です。 結論として言えるのは、このボートは、安上がりな上に、しかも非常に荒海でセーリングする時でもその特質を失うことが無いのです。 2.3用に開発された、サーボシステムは勿論、3.03にも取り付けは可能です。